CORE NPO法人 コアカウンセリング支援協会 TEL 052-872-0287
HOME 最新ニュース コアカウンセリング支援協会とは 講座申し込み 資料請求
コアのひとびと
ホーム > コアのひとびと

2020年(令和2年)新年のご挨拶

宮崎理事長 2020/01/01

明けましておめでとうござます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り、
厚く御礼申し上げます。

2019年5月から新しい年号
「令和」の時代が始まりました!

令和の「令」の字は、
主に、「命令」を意味する。
多くの日本人が当初は当惑させられました。

しかし、古典文学では、
「令」という漢字は、
通常、華やかな、優れた、美しい、魅力的な、
といった意味合いで使われています。

例年発表されている
今年の漢字1文字は、
「令」が選ばれました!

「令」が選ばれた理由として、

新しい元号の「令」和に、
明るい時代を願う国民の思いが集約されたから。

法「令」改正による消費増税や芸能界で起きた闇営業、
薬物使用などの問題で法「令」順守が重視されたから。

自然災害で警報や避難勧告の発「令」が相次いだから。

があげられています。

良い意味での「令」の時代を強く願いたいわけですが、

「令」には少なくとも、
良い側面と悪い側面の
2つの意味が重なり合っているといえます。

2つというと、
心理学の角度でいうならば、
こころというのは、
意識と無意識に分かれていることと似ています。

令和の時代は、
意識と無意識、善と悪、常識と非常識など、
2つの相反することの葛藤が
さらに、強く生じる時代になるかもしれません。

しかも、2つが同時に重なりあってもいます。

心理カウンセラーとして
クライエント様の
こころの声をお聴きしていると、
重なり合う葛藤の度合いが
年々、色濃くなっている印象があります。

新元号が発表されて間もなく、
日本政府は「公式な」英訳を
“beautiful harmony”と発表しました。

なかなか良き響きです!

クライエントの方の持つ葛藤の中から、
自分らしいハーモニーを奏でる道程を、
一緒に伴奏するのが
心理カウンセラーと思っています。

弊会は、名古屋の心理学・カウンセリング普及の
草分け的存在として、人の気持ちや痛みを理解する
学びや人材育成を長年行ってきました。
より良いカウンセリングや共感力の学びが
ご提供できるよう、今後も精進していく所存です。

本年も御指導、御鞭撻を賜りますよう、
何卒宜しくお願い申し上げます。

2020年(令和2年) 元旦
NPO法人コアカウンセリング支援協会 
理事長 宮崎勝博
(公認心理師・精神保健福祉士・社会福祉士)

続きを読む→


理事長プロフィール(2019年度版)

宮崎理事長 2019/09/01
名古屋で信頼のある心理カウンセリング専門校
NPO法人コアカウンセリング支援


下記をクリックすると当協会の
最新版理事長(2019年度版)のプロフィールをご覧いただけます


ファイルをダウンロード
続きを読む→


2019.4 ご挨拶 平成から令和へ

宮崎理事長 2019/04/05
2019.4.1 ご挨拶

拝啓 陽春の候、
皆様におかれましてはますますご清祥の段、お慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

今、まさに時代の転換点を迎えております。
平成から令和へ
新たな何かが始まる予感がします。
皆様も期待と不安で心を膨らませていることと存じます。

さて、心理学の世界はどうなるのでしょうか?

新しい時代に備えて、私事で恐縮ですが、
日本初の心理カウンセラー国家資格である
「公認心理師」第1回試験(2018.9.9)にチャレンジし、
有難くも合格(2018.11.30)をいただきました。

登録申請も無事完了(2019.2)し、
公に公認心理師を名乗ることができるようになりました。

心理カウンセラーという日本では食べていくのが厳しい世界で
妻と幼子を抱えながら、NPO法人コアカウンセリング支援協会で学ぶ中、
企業向け部門を独立させて株式会社を設立したのが2007年でした。

企業向け部門は、ほとんど儲けはないゼロから始めたので、
愛知県内のすべての病院を、
また様々な企業を駆けずり回りながら、営業しておりました。

当時はリーマンショックもあり、メンタルサポートに無理解な方々も。

時には、御訪問先で追い返されたり、電話を切られたり、怒られたり。

しかし、時には、
メンタルサポートに理解を示してくださる素晴らしい方々に出会い、
有難くも法人向けのメンタルサポート事業を
12年以上継続することができました。

そして、とうとう心理カウンセラーの国家資格保持者が
生まれる世の中となりました。

また、昨年2018年流行語大賞が「そだねー」だったことも考えると、

これからの時代、企業だけでなく、
医療、福祉、行政、学校、地域、家庭においても、
心に寄り添える人材が求められ、
本当に聴くことができる人が輝く時代がやってくると思います。

私は、心に寄り添う仕事に携わる中、
今回の公認心理師取得により3つの国家資格取得に至りました。

☆公認心理師
日本初の心理カウンセラーの国家資格。

☆精神保健福祉士
「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」と呼ばれる専門職。
心に病を抱えた人がスムーズに生活を営めるように、
相談や生活支援、助言、訓練、社会参加の手助け、
環境調整などを行う精神障がい分野のエキスパート

☆社会福祉士✨
保健、医療、児童福祉、高齢者福祉、障害者福祉、行政、
社会福祉業務全般を行う社会福祉分野のエキスパート

しかし、資格は持つものではなく、生かすもの。
資格がある・ないよりも大事なのが実力です。

では、なぜ国家資格を取得したのか?

それは、法人の代表者・指導者・心理カウンセラーとして
日本という国が定めるレベルの学問や実習を修めることは
最低限の責任だと感じたからです。

とはいえ、これで終わりではありません。
心理カウンセラーという仕事は一生勉強です。
これからも資質向上の責務を果たしながら、精進していきたいと思います。

さて、公認心理師の目的は
「国民の心の健康の保持増進に寄与すること」と法律第一条に書いてあります。

これは、まさに25年以上にわたり
コアカウンセリング支援協会が行ってきた活動そのものです。

名古屋の心理カウンセリング普及の草分け的存在として
多くの皆様にお役に立てるよう、
全力で心の健康の保持増進に取り組む所存です。

今後も、皆様のご支援・ご助言を賜りますよう
心よりお願い申し上げます。            敬具

2019年4月吉日 
NPO法人コアカウンセリング支援協会 
理事長 宮崎 勝博
続きを読む→


2019年 新年のご挨拶

宮崎理事長 2019/01/01

明けましておめでとうござます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り、
厚く御礼申し上げます。

昨年2018.9.9に
日本初の心理カウンセラー
国家資格である「公認心理師」の
第1回 国家試験が行われ、
11月30日に合格発表がありました。

今年2019年春には、登録を完了した合格者が
「公認心理師」として活動を開始します。

日本社会において、メンタルサポートの重要性、
カウンセリングの必要性が増しているからこその
国家資格の誕生です!

ただ、必要性が増していても、その価値は
認められているとは言えない現実があります。

1993年、、
名古屋での民間カウンセリング
黎明期から普及活動をして約25年。

当協会でこころの学びの第一歩を
スタートした方々の中には、

大学院へ進み
臨床心理士を取得した方。

就業支援をしている方。

学校で相談員をしている方。

メンタル不調の方々を支えている方。

不登校のお子さんの支援をしている方。

受験前のお子さんのメンタルサポートに
生かしている方。

子育てに生かしている方。

仕事での人間関係に生かしている方。

などなど、様々な分野で
心理学やカウンセリングを
活用して頑張ってくれています!

こころの学びをスタートしたい方々、
こころの支援者として
頑張っている方々のためにも、
名古屋の心理学・カウンセリング
普及の草分け的存在として、
より良いカウンセリングや学びが
ご提供できるよう、今後も精進していく所存です。

本年も御指導、御鞭撻を賜りますよう、
何卒宜しくお願い申し上げます。

2019年 元旦
NPO法人コアカウンセリング支援協会 
理事長 宮崎勝博

続きを読む→


年始のご挨拶(2018.1)

宮崎理事長 2018/01/01
名古屋で信頼のある心理カウンセリング専門校
NPO法人コアカウンセリング支援協会

明けましておめでとうござまいます。
旧年中は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
皆様方からのお力添えにより、
カウンセリング、聴く文化の重要性が広がっています。
今後も、こころのサポートの重要性、聴く文化を広げる活動を
精一杯取り組んでいく所存です。
景気が良いと言われますが、多くの人は実感がありません。
もう物質では人間のこころは満たされない世の中になっているからです。
景気の良さの割に、メンタル不調を抱える方は増えています。

たからこそ、 心理療法が大事になってきます。
有名なユング心理学者・故河合隼雄先生は、

心理療法とは、
クライエントにとって自分の問いに最終的な答えが与えられることではなく、
自分一人の力ではどうにもならない問いが、
自分の力でどうにかなりそうな問いに変化すること、
すなわち、「答えの獲得」ではなく
「問いの変容」を目的としたものだと言えるのではなかろうか。

と、おっしゃっています。

私も、本当にそのとおりだと感じます。

本当の心の声は、クライエント自身しか聞こえません。

ただ、その声を聞くのを困難にしている様々な障害があります。

インターネットなどを通じてやってくる答えや情報
大多数の人が話す一般論
科学主義に基づく常識
自分以外の有名な誰かが話した主義、主張

このようなメッセージは、手軽で、無料で、心地よい。

でも、本当の心の声は、
残念ながら、
苦しく、痛々しい病理的な出来事として、
私たちに知らせにくることが多いように感じます。

人生は、理論だけでは説明しきれません。

言葉では説明しきれない
「何かか」が、遅かれ早かれ、わたしたちにふってわいてきます。

思いがけない出来事、抗いがたい現実、止められない衝動、

それが私たちに、

これが、わたしにとって必要なものだ!
これこそが、わたしがやらなければならいことだ!
このために、今のわたしが存在しているのだ!

と訴えかけてくる時期があります。

カウンセリングや受講生として心理学を学ぶ方は、
なぜか、そういう時期に当協会に来られます。

非常に大事な時期に
大切な役割をさせていただいていると思います。

名古屋でカウンセリング普及の活動をして約25年。
東海三県には多くの卒業生もおられます。
名古屋の心理学・カウンセリング普及の
草分け的存在としての責務を
今後も、多くの皆様のお役に立てるよう全力で取り組む所存です。

本年も、変わらぬ、御指導、御鞭撻を賜りますよう、
何卒宜しくお願い申し上げます。

2018年1月 
NPO法人コアカウンセリング支援協会 理事長 宮崎勝博
続きを読む→


年末のご挨拶(2017.12.28)

宮崎理事長 2017/12/28
名古屋で信頼のある心理カウンセリング専門校
NPO法人コアカウンセリング支援協会

今年も、コアの会員の皆様、受講生の皆様、
地方公共団体の担当者様、
企業、病院、福祉施設の担当者様等、
大変お世話になり、改めて、御礼申し上げます。

本気で聴くという難しさと素晴らしさを
多くの皆さまに知って頂く1年になったと思っています。

12月も終わりとなると、1年を振り返りたくなります。

私自身、年始にどんなお話をしたか?というと、
グランボルツ先生の理論のお話をしたんですね。
続きを読む→


理事長ご挨拶(名駅オフィス開所します。)

宮崎理事長 2017/07/20
名古屋で信頼のある心理カウンセリング専門校
NPO法人コアカウンセリング支援協会

このたび、2017.8月より、
コアカウンセリング支援協会
名古屋本校(台町オフィス) に加え、
名古屋分校(名駅オフィス)を開所することとなりました

理事長のご挨拶がございます。
下記のアドレスをクリックしてください。

ファイルをダウンロード
続きを読む→


2017 年始のご挨拶

宮崎理事長 2017/01/01
名古屋で信頼のある心理カウンセリング専門校
NPO法人コアカウンセリング支援協会

2017年の新春を迎え、
心からお慶び申し上げます。

昨年中は、ひとかたならぬ
ご支援、ご愛顧を賜り、厚くお礼申しあげます。


年始にどんなお話をしようかと思いながら、
頭に思い浮かんだ事が、

「計画された偶発性理論」という言葉です。

皆さんはご存知ですか?

ふつうは、成功しているプロ選手が話すように、
中長期の計画を立て、課題を実行することが大事なはずですが、

キャリア理論では、

「成功の可否の8割は偶然によって決定される」

という前提に基づいたものがあるんです。

 「計画された偶発性理論」は、
スタンフォード大学のクランボルツ先生の理論になります。

この理論の要点は、

・個人の成功キャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される

・その偶発的なことを計画的に導くことでキャリアアップをしていくべき

となります。

確かに、今の時代、
未来を予想しても、みえないことばかりです。

アメリカ大統領選挙でさえ、多くの専門家が、
トランプ大統領の誕生を予期できていませんし・・

逆説的に、この理論が伝えたいことは、

未来や目的ばかりにとらわれないで、
今を大切に、一生懸命生きなさい。 
ではないでしょうか?

先ばかり見てると、
今起こっている幸運な偶然に気付かず、

成功をする人生を、
幸せになれる人生を見逃す結果に         

 
では、
今を一生懸命生きながら、
どうすれば、
予期しない成功する出来事を作り出せるのか?

グランボルツ先生は、
下記の行動指針が大事だと言っています。

(1)「好奇心」 ―― たえず新しい学習の機会を模索し続けること

(2)「持続性」 ―― 失敗に屈せず、努力し続けること

(3)「楽観性」 ―― 新しい機会は必ず実現する、可能になるとポジティブに考えること

(4)「柔軟性」 ―― こだわりを捨て、信念、概念、態度、行動を変えること

(5)「冒険心」 ―― 結果が不確実でも、リスクを取って行動を起こすこと

(参考:『その幸運は偶然ではないんです!』
ジョン・D・クランボルツ、A.S.レヴィン著 花田光世ら訳 ダイヤモンド社 2005)

いつもでも若く生き生きして人生を歩んでいる方に
確かに多い行動様式だと感じます。

ただ、強引に、未来や目標はなしというのは、
それはそれで不完全な感じもします。

今は大切ですが、
未来イメージも持ったほうが良いかと思います。

ただ、5年後、10年後は予測不可能な時代ですから、
3年後ぐらいを目標に、未来を描くと良いですね。

皆様のご参考にしていただければ幸いです。

さて、
コアカウンセリング支援協会は
長い歴史を重ねていますが、
この理論からすれば、歴史にとらわれすぎず、
時代の変化とともに、
3年後あたりを見据えながら、
協会運営を頑張りたいと思います。

そして、 これからも、心のサポートに貢献すべく、
微力ながら精進する所存です。

本年も、引き続き、
温かいご支援を賜りますよう
末永く、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人コアカウンセリング支援協会
理事長 宮崎 勝博
続きを読む→


2016.12 年末のご挨拶

宮崎理事長 2016/12/28
名古屋で信頼のある心理カウンセリング専門校
NPO法人コアカウンセリング支援協会

気がつけば、
2016年が終わろうとしております。
年々早く時間が過ぎ去っていく印象です

今年も、コアの会員の皆様、受講生の皆様、
地方公共団体の担当者様、
企業、病院、福祉施設の担当者様等、
大変お世話になり、誠にありがとうございました。 

有難い事に、1度請け負ったお仕事は、
1回で途切れることはなく、
ずっとご依頼をいただいています。

ただ、年々、減ることはないわけで、
どんどん私の負荷が高まる事態になっていますが。
本当に有難い事です。

10年以上前に心理カウンセラーとして
お仕事をさせてもらい、その後、
企業向けメンタルサポート株式会社を設立して、
今期で10年目を迎えました

実は、
会社生存率という嫌なデータがありまして

会社を設立して
生存している企業の割合は、

な、なんと、

5年で14.8%

10年で6.3% 
なんだそうですっ~!?

5年で85%の会社は倒産か解散、
10年で94%の会社は存在していないわけです。

今は株式会社も0円~設立できるわけで、
たくさんの起業家がいて、
たくさんの代表取締役が誕生しているわけですが、
実は、会社経営を始めるのは容易く、
継続していくことが、どれほど大変か・・・
この数字に示されていると思います。

㈱らくらくカウンセリングオフィスは10年目、
コアカウンセリング支援協会は20年以上の
歴史を重ねて参りました。

これも、多くの皆さまに、
心理学やカウンセリングの普及に
お力添えをいただいているおかげだと、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

名古屋で心理カウンセラー養成の
草分け的存在と言われてきた
コアカウンセリング支援協会が、
更に発展、成長できるよう、
来年も、これまで以上に、変わらぬ、
御指導、御鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いします。

それでは、皆様、 良いお年をお過ごしください。

NPO法人コアカウンセリング支援協会
理事長 宮崎勝博
続きを読む→


宮崎理事長のプロフィールを更新しました

宮崎理事長 2016/04/01
名古屋で信頼のある心理カウンセリング専門校
NPO法人コアカウンセリング支援


下記をクリックすると当協会の
最新版理事長(2016.2)のプロフィールをご覧いただけます


宮崎理事長のプロフィール
続きを読む→


ページトップへ↑
コアのひとびと

バックナンバー



プライバシーポリシー→ Copyright (C) 2007 コアカウンセリング支援協会 All Rights Reserved.